All 10% off your first order. Click here and check out the details.

テーブルランナーはどの位弛ませる?〜ベストな弛ませ具合をみつけよう編

Gauze Table Runner(ガーゼテーブルランナー)を発売開始して依頼、たくさんの方に色々な使い方をして頂いているようで、お写真を拝見するたびにとても嬉しい気持ちになっています。

ご結婚式の流しのテーブルなどの装飾だけでなく、ウェルカムスペースでのご利用、フラットレイのスタイリングをされる際に使ってみたり、色々なシーンで大活躍するとっても便利なアイテムです。

 

 

ランナーはフラットな状態でももちろん使用できますが、上のお写真のように少しくしゃっと弛ませて使っていただくと、よりナチュラルな雰囲気が演出できてお勧めです。
また、弛ませることにより色のランナーに陰影が出るので、より立体感や奥行きを出せます。
デザインする上で、この立体感はとても重要な要素です。

今日はその弛ませ具合で見え方がどのように変わってくるか、お写真と共にご紹介します。


弛ませ具合比較


【弛ませ度0】
すっきりとしたシンプルな印象です。縦は全く弛ませていませんが、横を少しだけ弛ませているのた、べたっとした感じはしません。

 

【弛ませ度1.2倍】
ご結婚式の流しのテーブルなどにはこの位のくしゃっと具合が良さそうです。

 

【弛ませ度1.4倍】
かなりゴーシャスな雰囲気になります。

 

いかがでしょう。
弛ませ具合により、雰囲気が全く変わってくると思いませんか?
今回は1.4倍までのお写真をご紹介しましたが、1.5倍、時にはかなり贅沢に2倍なども素敵だと思います。 

 


価格の計算方法


ランナーの横幅は60cm前後と固定ですが、長さは1cm単位でカスタマイズ可能です。
流しのテーブルにランナーとして使用される際の計算方法です。

テーブルの長さ×弛ませたい倍率+テーブルの高さ=必要な長さ

※テーブルの高さの部分は、もしテーブル側面に垂らす必要がない時には入れなくて大丈夫です。テーブルの下にもランナーが溜まったゴージャスな部分を作りたい場合には、そちらも足して計算をして下さい。

例:テーブル長さ235cm/高さ80cmを1.2倍弛ませて使用の場合
235cm×1.2+80cm=362cm

価格は50cm毎にご請求をさせて頂きます。
例:長さ362cmをご希望の場合、400cmの価格が適用されます。


 今回の記事が少しでもご参考になれば嬉しいです^^